種類図鑑 アピストグラマ・アガシジィ “ダブルレッド”

繁殖方法はほかのアピストグラマと同様、ケーブスポウナー(洞窟産卵型)であり、稚魚は最初からブラインシュリンプを食べて育ちます。オスの背ビレは若親よりも成熟が進むにつれ大きくなる傾向があり、飼い込むことで美しさの増すアピストグラマの魅力と言えます。

アピストグラマ 種類図鑑 一覧へ戻る

アピストグラマ.jp コンテンツ一覧

アピストグラマの種類図鑑 – 色々な種類のアピストを個別に紹介
アピストグラマの飼育 – 水槽サイズや水温・水質、フィルターや管理など
アピストグラマの繁殖 – 水槽のセッティング~稚魚の育成
アピストグラマの混泳 – 混泳させやすい熱帯魚と注意が必要な熱帯魚
アピストグラマの病気と治療 – 病気別の治療方法と予防について
アピストグラマの水槽紹介 – アクアリストの水槽をご紹介

Breadcrumb NavXT

アピストグラマ.jpアピストグラマの種類図鑑 > アピストグラマ・アガシジィ “ダブルレッド”

ソーシャルリンク