種類図鑑 アピストグラマ・アガシジィ “マニコレ”

写真なし

写真募集中

アマゾン河に広く分布するアガシジィの地域バリエーションの一つ、マニコレ産とされるアガシジィになります。マニコレの他にブルーファントムと呼ばれることもあるタイプのアガシジィです。ブルーファントムの名が示すように全体の青色が強いタイプのバリエーションと言えるでしょう。

飼育は他のアガシジィと同様で、赤虫やイトメなどの生餌や冷凍赤虫などを好みますが、沈下性のクランブルフードなども慣れるとよく食べてくれるでしょう。水質も弱酸性の軟水が理想ですが、それほど水質にうるさくないので飼育は容易なアピストグラマです。

繁殖方法はほかのアピストグラマと同様、ケーブスポウナー(洞窟産卵型)であり、稚魚は最初からブラインシュリンプを食べて育ちます。オスの背ビレは若親よりも成熟が進むにつれ大きくなる傾向があり、飼い込むことで美しさの増すアピストグラマの魅力と言えます。

アピストグラマ 種類図鑑 一覧へ戻る

アピストグラマ.jp コンテンツ一覧

■アピストグラマの種類図鑑 – 色々な種類のアピストを個別に紹介
■アピストグラマの飼育 – 水槽サイズや水温・水質、フィルターや管理など
■アピストグラマの繁殖 – 水槽のセッティング~稚魚の育成
■アピストグラマの混泳 – 混泳させやすい熱帯魚と注意が必要な熱帯魚
■アピストグラマの病気と治療 – 病気別の治療方法と予防について
■アピストグラマの水槽紹介 – アクアリストの水槽をご紹介
■アピストグラマのQ&A – 寄せられた質問とアドバイスなど
■アピストグラマの本と雑誌 – 専門書や図鑑、雑誌特集などの紹介
■アピストグラマの動画紹介 – 愛好家の育てた美しい個体の動画を紹介
■アピストグラマのサイト紹介 – アピスト関連のホームページを紹介

Breadcrumb NavXT

アピストグラマ.jpアピストグラマの種類図鑑 > アピストグラマ・アガシジィ “テフェ”

ソーシャルリンク